おまゆめ Passion 考えるタイミング

さかっきーです。おはよー。

近頃考えることがありました。いや考えさせられることがありました。

夜の「おまゆめ」の違和感です。  良くも悪くも色々感情があらわれました。

楽しい反面、残念な感情もです。

 

しばらく意味が分かりませんでした。

ずーーーーー。っと考えた。。。。

 

結果

おまゆめに足りないモノ。。。

 

 

情熱が足りなかった。

 

アンポンタンでした。

 

ハリボテみたいな空間を提供していたと思います。

僕たち自身がみなさんに心を開いていないのでは?

自分たちらしくサカリカが出来ることに特化した。

僕たちしか作り出せない、雰囲気を作らないと意味がないねって思いました。

 

7/28  おまゆめは生まれ変わります。予定(笑)

 

正確には、生まれ変わり始めます(笑)  逃げんなよw

 

お楽しみに。。

 

考えることがいい事だと信じたい。

こんにちわ。さかっきーです。ちょうど一週間前に「夜のおまゆめ」を開催しました。

考えることも、気付くことも多い会でした。人間は常に考えることが大事だというのも思いました。

正直、自分の中でグダグダになりすぎたというのもあり、楽しかったという言葉が、救われた半面、自分の中で複雑な思いを作り悶々とした時間を過ごしました。

主催して人に来ていただこうとすると、どうしても集客というテーマにぶつかります。

いままで応援して来てもらっていたことへの、みなさんに対する甘え、なんかもあったと思います。

「疑う」ことをやめるのは、思考を止めることだと思っとります。

どちらかというと、自分たちが楽しみという事が、集客というテーマに占拠されていたのではと思ったりもします。

それは、参加してくれた人たちに合わせにいくという事で、一見、正しいという感じはします。ただ、長い目で見た時にどちらも得るものが少ないという気もします。

本音は、来て欲しいですよ。一生懸命ネタをかえアプローチを変えしています。「変化=合わせ」で多々合わせに言ってたところもあったと思うんですね。

その変化自体が集客をテーマとして創り出されたものであれば、これは見直すところにあると思ってます。

大いに「X」です。

今一度、「おまゆめ」を原点に戻す。

そう「予祝」のやり方、あり方をじっくりと見ていこうと思っています。

そして、なにより自分たちが「楽しい」という気持ちが抜け始めていたような気もしました。

反省と気付きの時間でした。

今一度、「おまゆめ」を原点に戻す。

7/28は、ヨシュクの「おまゆめ」を復活させます。

テーマは、「予祝」です。

夢を見つける予祝
夢を見つけた後の予祝

自分の夢をどのように楽しく「伝える」から「伝わる」へチェンジするかです。

よければ、遊びに来てください。

 

集客大変なんです。。オイw

 

 

夜のおまゆめ開催しました。

サカッキーです。

参加してくれた皆さん。ありがとうございます。初めて夜に開催しました。

終わってみて、感想ですが、ちょっとグウタラ感が出てしまいました。これは、二人の良いところでありダメな部分でもあると。

だけど、ヒントはものすごく詰まった時間でしたよ

楽しむという、「おまゆめ」の原点を感じることもあり。

絶妙な物足らなさ(笑)

参加した皆さんが、予想に反して満足という回答にも、複雑な思いですが。。。

 

なんでやねん!

 

と、感じながらも「おまゆめ」の原点、予祝に、今一度、回帰しよう。

ちゃんとヨシュクしようじゃないか!(笑)

 

これが、最大の気付きでした!!ww

 

はい。また書きます。おやすみない。

 

 

 

 

こんにちわ。サカッキーです。

ブログを書いてみます。サカッキーです。

今回のテーマは、疑いという事で、疑うことを考えてみます。誰を疑うのか?他人を疑う?世間を疑う?自分自身の夢を疑ってみる、正確には、自分が見えている世界を疑ってみるというのがいいかもしれません。

「おまゆめ」はサカッキー・リカ子で共同で代表をしています。必然的に同じ行動範囲になり同じタイミングで出没します。よく言われるのが、「付き合ってるのですか?」「夫婦ですか?」「不倫ですか?」オイ! とまぁこんな感じで疑われるのです。

疑う人が見る、僕たち2人は、その人が、見えてる世界。その人が脳で感じている抽象化された世界なのです。疑う人が、「男女が一緒にいたら怪しい」という、本人の物理的な実体験か、テレビなどのメディアや他人から与えられた情報で創り上げた世界なのです。

仮に、男女がいつも仕事をしている環境が当たりまえの世界にいたり、実体験で男女の友情は成立するということ体験していれば、もっと言えば、鉄のパンツを履いている星から来た人なら笑笑

違った考えが生まれるのかもしれません。僕も正直、男女の友情って成立するのか疑問だったりします。これも実体験?(笑)

ということで、自分が思っている、見えている世界は、もしかしたら、他人に与えられた情報で創り出し見えている世界なのかもしれません。他人によってつくられた世界で思い込んでいるだけの夢かもしれませんね?

今、自分の脳が見てる。見せられてる世界を、少し疑ってみたらどうでしょうか?笑  「おまゆめ」に体験しに来てくださいね。

 

 

5/26 おまゆめ1周年を開催しました。

なんとなく。なんとか。

一年を過ぎました。僕たちも、おまゆめを通して変化をしてきたのかと思います。ありがたいことに参加してくれる人がいることに、あらためまして感謝をしていこうと思う時間でした。

これからも、よろ祝