ブログ書けとかメンドクサイこと言うんじゃねーよ。

昨日は、東京に行ってきました。久々にサカリカはお出かけです!

心理学を教えてくれる学校、日本メンタルヘルス協会のお友達の佐藤龍一ってやつ方の講演会に参加してきました。

そして感想をブログに書けとか意味不明なことを言うので適当にイジッテやります。

彼は、大分の日田ってとこに住んでいて看護師・精神保健福祉士という難しい肩書です。

現役で現場に努めながら講演をしています。4人に1人がなんらかの心の病気をもってる時代みたいです。

精神科とよくききますが、僕自身何をするところかも知らんのが現実でした。そういったココロの病気をケアする場所が精神科ということです。

彼のテーマは、心に寄り添うこと、幸せを選択していくということで講演しています。

一人一人が身近な人に、家族でも友達でも恋人でも、寄り添いコミュニケーションをとることで防げるし、もっというと小さな幸せってことを集めて暮らせば病気になる人をへらせる。なってしまった後の周りや家族のヒントとなる話で

タイトルや肩書は難しく当事者じゃないから関係ないやってなりがちなことを自分の生活単位で考えられる話にカスタムしてあります。

そう日々の小さな選択を考えるという気付きになる講座でした!

まぁこんな感じでしょうか!

よかったぞ!

これからはサカッキー的なコアな解釈を書きます。興味なければ読まないでください。

病む恐れがあります。(笑) その場合の相談先は教えます(笑)

まぁ彼は、りゅうちゃんと呼んでますが、ひとことでいうと、人気があるんです。

意味わかんないですが人気があります。なんでブログで書かなきゃいけないんだってぐらいです(笑)

まず。目がキラキラしてる。そして前回書いた朝野さんもそうですが目がキラキラなんです。

純粋なんです。純粋なオタンチンなんです!

東京で講演会をといった瞬間に会場を満員にする。そしてそれを全国から見に行きたいと思わせる力を持っています。

もはや、佐藤龍一を見たいから行くというようなタレント性があるのです。

「おまゆめ」とは180度違う場所にいるのが彼でしょう。

なぜ、そこまで人を魅了するのか?!

彼は、超メンドクサイのです!

コミュニケーションの取りかたがメンドクサイ(笑)

グイグイひとの心に入ってきてカギをこじ開けます。もはやドアをバールで破壊してきます(笑)

そして講座のテーマの寄り添ってきます(笑)

知らないうちに魅了されるのです。

人が大好きといつも言っている彼は、本当に、誰にでもキラキラな目でコミュニケーションを取りに行く。

今やってる仕事は天職だと思います。

僕たちは、効率化でメンドクサイを減らして繁栄してきました。

それはビジネスでもです。人のメンドクサイ・やりたくないを減らせばお金になるのです。

僕がしている物販ビジネスもメンドクサイを取り除くことです。

それをいいものだと信じて繁栄してきました。

そして効率化は、コミュニケーションにまで到達しました。

勘違いという。効率化です。

僕は、人との関りを減らして効率的にすれば楽になりスムーズになると思っていました。

これは、同じことを無意識に感じてる人もいるかもです。

過去の日本の繁栄、工業生産国というお金を生み出す国であった名残かもしれません。

人は思い込みを捨てれません。

思い込んでる時点で捨てるという概念が無いからです。

その効率化を人間関係で徹底的にしてしまったことが心の病気を増やした原因なのかもしれません。

良いと信じて未来繁栄のためにやってきたことなんです。

そのメンドクサイこと。

りゅうちゃんのコミュニケーションは、ある意味メンドクサイです。

夜中にいきなり電話してきたり。

なんだこいつわ?といいたくなります(笑)

でも、これが人間が本来もっている本能なのかもしれません。

このメンドクサイことを代わりにビジネスをして繁栄してきた。

それは、大切だからお金にかわるんです!

そのメンドクサイは時間を短縮することでもあります。

時間は命です。

人間関係という大切なメンドクサイという存在を放棄して効率化という思い込みで何を得たのか?

時間効率化をして時代のスピードはあがったけれどやることが増えただけで、本来目指した命の時間に貢献はされていません。

企業理念やコンプライアンスの中に閉じこめられた。

会社は人格・人という解釈の勘違いから救ってくれる

もっともっとメンドクサイ、佐藤龍一みたいな存在が沢山いたら時代は変わるとわいいませんが

ちょっとした環境は変わるんじゃないかと思います。

この変化こそがモーションとなり色んな歯車を転がしていく。

「おまゆめ」の雑談と同じです。メンドクサク何をしてるか不明だと言われます。

ここで乗っかりますか!(笑)

当たり前だ!自分に利益の在ることを効率よくやるのがサカッキーだ(笑)

ちゃうちゃうちゃう

彼、佐藤龍一の本当の正体は良いものだと信じて作り上げた現代コミュニケーションの反乱軍であり、それを伝えていける人だと確信しています。

全面降伏して寄り添うか?戦うか?

あなたならどうしますか?(笑)

もうね、決別宣言をしてやりますよ!

さかっきーです。

昨日、すっごいパワフルな人と会いました。

三年ぶり?かな。どんな話をしたのか誰なのかもお互いもう忘れてるぐらいの人です。

朝野ノブさんです。

フィリピンで学校を作っています。

もともとビジネスでバリバリ稼いでいたんですが、色々な思いでいまの事にたどり着いたという話を聴きました。

なぜ?僕と話を?

直感らしいです。

あとは、なにかよくわかんないけど三年前から続けてるそれはすごい事だと言ってくれました。

なにやってるかわかんないけど同じ思いだと感じて話をしてくれました。

僕にしてみれば、100倍 ノブさんあんたの方が凄いよ(笑)

僕は、下ネタ言って、わいわいして、日記書いてるだけだよ(笑)

そんな彼は、ものすごいパワフルでなんでも気が済むまでやっちゃうし、まさに引き寄せを気合いと根性でというとこもある感じです。

力技です(笑)

僕たちには無いものを持ってます。

さすが元ヤン(笑)

昔なら対局の目を合わせたくない人です(笑)

もちろん色んな苦労もしています。

一番印象に残った話を書きます。

サカ「なんでそんな行動力があるんですか?」

ノブ「僕には、何もない」「守るものすてるものが」

というフレーズです。

これは、簡単にいいますが、重い言葉です。

「何もない」

夢が無いから語れません。

何もありません。何ももってません。

僕も自身も、ないないない不足してる。

足りない事や無いことを埋めるためにやりたい事を探してる。

は聴いたことがあるし理解もできる。

「何もないからできるんです。」

何も無いってことにフォーカスしたときに

こんなに何も無いって言葉が原動力にもなるんだなって。

おまえは、コロンブスの卵かって

つっこみたくなるような名言です。

「おまゆめ」は断捨離をテーマにするときもあります。

捨てることの恐怖や不安を

もしかしたらこの言葉が助けてくれるのかもしれません。

正直、無くなることはないし、経験や体験は残ってる。

カタチや環境を、執着して守ることに意味はあるのか?

次のステップに進むために手放すことは必ず必要なのかなって

そんなことを思いました。

リカちゃんを手放すことが今世でできるかな?(笑)

捨てられる確率の方が高いか(笑)

ねー。

だったら持たなきゃいいのにね~

あると不安や恐怖にかわりますねー(笑)

あなたの矛盾はなんですか?

リカ子さんの逃亡と変態に困惑しています。

おはようございます。さかっきーです。

リカ子さんにブログを書け書け書け書けと圧を与えすぎています(笑)

自然体で圧を与え続けます(笑)

書け(笑)

圧が嫌いです。サカリカは、圧がりです。

圧と風向きの悪さを感じると秒殺でいなくなります(笑)

そう、僕たちは逃亡癖があります(笑)

昨日は、ラジオのゆめたねの愛知スタジオの3周年のイベントに参加してきました。

みなさん、元気がすごい!さすがラジオパーソナリティーの集まりです!

そんななかやはり「おまゆめ」代表の二人はもちろん元気!

ではないです汗

たくさん人がいるところに行くと「チーン」としています。

「リカちゃん行きなよ」

「さかっきーいきなよ」

大体、これの繰り返しで誰とも話す前に終わります(笑)(笑)

二人とも、もともと前に出たりするのが苦手なんです。

お金とピアノは友達って!やり続けてきた人と

アイドルとプラモデルは友達って人ですよ!(笑)

無理無理(笑)

僕たちは、苦手なんです。グイグイ行くのが。

人見知りというか、正確には人見知りという着ぐるみを着た怠け者です(笑)

ここは、癖です。良くも悪くも。

自分たちに合ったテンションやコミュニケーションを展開すれば僕たちはいいと思ってます。

なので、

知らない人からは「この人たち何?」

みたいなとこも多々あります!

社交辞令的なお付き合いが良くも悪くもできない。

僕は、ここに悩んだ時期もありました。

これ変態じゃないか?って

変態なんです。

じゃないかじゃないです。

変態です。

たぶん変態の二人です。(笑)

リカちゃんはそれを軸として生きてきました。

僕は、それを軸にしてる最中です。

ビフォーアフターみたいなもんです。

一人一人が個性をもつ時代になってきました。

その他、大勢のところに居なくてもいい時代になってきました。

正確には気付いた人が増えてきた。

生きやすい道を見つけることがやりたい事への近道です。

もちろん引きこもれという話ではないです。

僕も引きこもりました!10年ぐらい(笑)

飽きました。

無理することも勉強になりますが、避難経路は用意してください。

飽きるまで挑戦してください。自分のテンション・軸で。

「軸が無い!」

わかります。

それが軸です。

無理に直しても折れますよ。

その状態で飽きるまでやってみてください。

飽きるってネガティブな感じしますが、極めてると思います。

飽きるまでやってみてください。行動してみてください。

諦めるんじゃない、飽きるまでやってください。

やりたいけど続けれないは、あきらめる。

やりたくもないは、飽きる。

僕たちが、コミュニケーションをとれないのは、事実は飽きるまでやってません。

やりたくもないっていったらぶった切りです。

あきらめてるんです(笑)

であれば、やりたい時もある!

違う方法を探すことを考えます。

何をチョイスするかを都度、自分で選べばそれが軸となってきます。

そのあとに感じるものを大切にしてください。

僕たちが大切にしてるのは、「おまゆめ」に来てくれた人が、いつものテンションでいつもの感じで過ごせるという時間です。

この発想力が大切になります。きっと見つかります。

手を抜いてるわけではありません。

手コキでもありません。

この、ちょうどいい空気と時の流れを自分のイメージプレイに充てて欲しいのです。

自然体でいいますね!

書け!

圧与えんなよ(笑)

リカ子さんのやる気の無さが絶望的な理由知ってますか?

先日、メイクの教室のお手伝いをしてきました。

美塾というところです。説明は難しいので見てください。(笑)内田さんことうっちーが作ったとこですが、男子として見させていただいたのは貴重な経験をしたと思っとります。

そしてそこの長ーい間、講師として君臨しています。

さだともちゃんと仲良しで至るというわけです。

ともちゃんは、 Officeハンサムの代表もしています。

メイクの教室と言えばそれっきりで終わりますが、なんていうんでしょうか?

メイク・自分の心理を通して女性の悩み開放して元気で自信があふれる素敵な女子にしてします。奥が深いです。美というものに、なぜ人が魅了させるのがわかります。

そしてどうやって魅了するのかも身についてしまうとは、やばいです。(笑)

これね。ホント、おまゆめで集客やめたっていいながら

集客活動してますよ!(笑)

なんで集客しなかったんだろって思いました。

面白いし、さだともの世界観は、ホント大好きです。

彼女のトークは、純粋で、イイ意味で普段着なんです!

伝わるんです。。三時間があっという間というか、場所時間のからみで延長したら焦るから!(笑)

でも、そのぐらい自然な時間の流れ、

ちょうどよい時の流れって僕たちも重視してますが、それがあるんです。

デザインする人が講座するだけのことはあると思いましたね。

内容に関してはね、実はイイコンテンツなのは、知っているのであまり気にしてませんでしたが、

気にしろよ(笑)

やはり伝える人によって物事は変わるし誰の言葉がチョイスして行動しやすいかもわかります。

ちょうどよい時の流れこれは「おまゆめ」も重視しています。

将来ライバル会社になりますね(笑)コバンザメ商法しときましょう。

そんな元気な女子が女子たちの為に創り上げた時間でした。

女子が元気なら世界は元気って感じでしょうか!

一生懸命メイクを学ぶ女性ってかわいいって思いました。

かわいくて。(言わされます)元気女子と言えば!うちのリカ子さんも、やりたい時の元気とやりたい時のやる気は世界レベルです。

気が乗らない時の、かわいくなさと絶望感を見せてあげたいです(笑)

気を使ってモザイク入れてあげてます(笑)

なんとなくという概念はありません。0か100です。

デジタル思考だから単純ですけどね(笑)

まぁ講座もね。さっきも話した良い空気感ね!

「おまゆめ」もこんな感じでかっこよくいきたいですが(笑)

手作り感満載で今はいってます。

さだともさんが言ってた言葉で

アーティストの世界は80点でなんでもできる人は不要で、プロの世界は、なんでも80点で器用な人は求められないというのが印象的でした。

僕も色んなことを中途半端にやってしまうんです!

器用貧乏的な感じでしょうか?(笑)

まさに60点を繰り返します(笑)

挑戦はするんですね!

そして。

「あーこんな感じね!」

「わかっとります。わかっとります。」

「もう知っとります。60点です!」

みたいな感じでしょうか?

昔から趣味も仕事も60点ぐらいで放り投げる癖があります。

あるていど上手くいくんですけど投げるんです。

多分ね、先が見えると怖くなるんです。

都合のいい未来や都合の悪い未来を見据えて。

傷つきたくないという守るという気持ちです。

僕は人間関係も苦手で逃げてきました。60点はできます。

これも同じで勝手に逃げるんですね。深く入るのが怖い・傷付きたくないってことです。

客観的にみると、投げ出しても、進んでも傷付きますよね(笑)

違うとこにまた店を広げるパワーも使いますし。ただ違うとこにいけば新人です!

これは都合がいい!

「ぼくわかりません!しりません!」

が無料使いたい放題!

何に安心しますか?

いままで、やってきたことにがもったいなくて

しがみつくという理由で追加得点を目指す?

もしかしたら、興味が無くても

先輩でいられてポジションがある

「僕出来るんだよ!」の60点が居心地がいいというパターン。

「おまゆめ」もどこかで60点を目指してたなぁって時がありました。

僕たち自身が

「飽きてたね」ってよく話してることです。

飽きるなよ!って感じですが

まぁ点数に囚われたらいけないけど、

少なくても自分だけは満点を笑顔で与えるものを見つけてみたいと思います。

ブログは55点です。

おい!

ブログが書けない時に、不安や恐怖します。あまりおだてないでください(笑)

さかっきーです。

今日は、ブログが思いつかない。

ということで、リビングで捻出しております。

妻が。

「今日は、ブログの講座をオンラインでうけるから、出て行って」

「おお!ちょどいい!」「渡りにボートだ」

「ブログの講座!僕も受けたい」

妻「変なおっさんいたら、みんなやりにくいからどっかいって」

「なるほど」

というわけで、コメダに行くもいっぱいで入れず。

素敵なスタバでパソコンを華麗に開きます!

だがしかし。思いつかず。

スタバなら素敵なブログが書けるってみんないってるし!

思い込みか(笑)

こうなると無理だ。帰ってブログ講座を妻にシェアをしてもらおう!

「どうだった?」

妻「上品になってや読みすく、見やすくなったって!」

「上品なやつおしえてちょうだい!」

妻「下品なあなたには無理よ」

確かに急に、お上品な感じにしてもしっくりこんな。

内容をざっくり解釈すると自分を出しつつ。たまに売り。日記にならなないようにと言ってたな。

日記のような文章を書いている気がする。

なんでかって言うと

たまに寝る瞬間とか起きた時に、文章を書いてるんですね。

なのでたまに意味不明なときもあります(笑)

前回のさかっきーの回がまさに、

「寝てて急にこれ書かねば!」的に書いたやつです。

夢とはいいませんが、寝てる時に思い浮かんだことを日記じゃないけど書いてる感じです。

日頃、夢についていろいろと考えますが、寝てる時の夢と自分自身の将来の夢ってどちらも「夢」ですよね。

リアルな夢は、意識の中での固定観念にガチガチに縛られた夢であるとしたら

恐怖や不安の安定剤的な夢で、それは放り投げた方がいいと書きましたが、夜見る夢の方が無意識とは言わないまでも意識レベルの介入が大分すくなくて本質に近いかも‼️

と思うわけです。

無意識の中にヒントがあるというのは、ウスウス、オカモトぐらい感じています。

上品に!

でもその状態を知ることはなかなかできないのが実情です。このボケボケな夢の状態を有効利用してみるのも面白いかも。

もともと夢とは抽象的でぼんやりしたものです。

どうしたらワクワクするかって考えると不安や恐怖がなくなる状態と思うかもしれませんが、ワクワクやドキドキは冒険だぜ!

不安・危険・恐怖がない冒険なんてつまらんやろ!

いいか!

川口浩探検隊が、冒険でなく、お金やスポンサー・視聴率に恐怖した瞬間に番組は終わるんだ!

そんなの本末転倒だ!冒険外の出来事で涙するな!

まずは、見えない不安や恐怖を炙り出せ。

冒険はそれからだ。

最近、家に居過ぎて恐怖してるぜ(笑)

オイ!

やりなれてなくて食べてから写真とっちゃった汗 コメダでいいわ(笑)